アーカイブ

カテゴリ ‘一位一刀彫’

風呂敷、木彫アート

2020年 9月 17日 木曜日

2020,風呂敷副題:風呂敷包み
材:カヤ

こんなのも彫ってみました。
木肌感から、残っていたカヤ材を使ってみました。
彫刻でない彫刻かも知れませんが、こんなのが一つ混じっていると面白いと思うのですが・・・
この頃、今までにない彫刻にチャレンジしていますが、発表する機会、場所がありません。
私たちの彫刻はデジタル、写真だけでは伝わらない・・・
直に見てもらえる機会、場所があれば・・・もっと、もっと作ってみたい題材があるのですが・・・
少し落ち着いてきたら、もう少しで紅葉も始まりますので高山にお出かけください。
お待ちしております。

 

 

一位一刀彫, 木彫, 静物 ,

蛙、ヤジロベー

2020年 9月 10日 木曜日

2020,ヤジロベー副題:ヤジロベー(蛙)
材:一位

だいぶ前から日本調の床の間置きのようなものだけでなく、洋風のちょっと簡単におけるようなものができないかと考えています。
このようなヤジロベーはどうでしょうか?
玄関先に置いて、帰る、蛙、という感じはどうでしょうか?
いろいろと考えてはいるのですが・・・
このような作品も今、どういうところで発表、展示すれば良いか?考えてしまいます。
私には自分の店がありますが、それでも今の状況ではどこかで発表するために出ていかなくてはならないかも知れません。
良い場所があったら教えていただけたら幸いです。
九月に入りました。飛騨でも稲刈りが始まります。
なんと、2020年の秋になってしまいます。有意義な秋にしなくては・・・

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫, 未分類 ,

牛、香合

2020年 9月 3日 木曜日

2020,香合、12020,香合、牛2副題:香合(牛)
材:一位

これは今までにもいくつかお買い上げいただいている東京都のH様にご依頼を受け、彫った牛の香合です。
この牛のデザインは東北にある啄木由来の神社の牛です。
写真を持ってこられて依頼を受けました。
いろんなデザインがあるものだと改めて感じました。
実際の石の牛の重さのある、おっとりとした感じは出ませんが面白いデザインだと思いました。
9月に入っても静かな高山が続いています。
静かな高山は好きですが、人も好きなのでもう少し人がいて欲しいです。
わがままです。
2020,百日紅左の画像はお隣の国分寺様の百日紅です。
例年だとお盆の頃に満開になるのですが・・・
今年は半月遅れです。
ここにも常識、普通という形が変わってきているのかも知れません。
ですが、昨日、美濃加茂市からO様がわざわざ来店いただきました。
とても暑い日でしたが本当にありがたいことです。
顔を直接見て話しができる事、やっぱり良いです。感謝!

 

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,

りんご、リンゴの皮むき

2020年 8月 27日 木曜日

2020,りんご副題:リンゴの皮むき
材:一位

こんな彫刻はどうでしょうか?
以前に載せたブロッコリーの彫刻を彫った後、もう一つ何かないか?と思っていました。
題材を探していたところ、昔はリンゴの皮むきが上手だったことを思い出しました。
リンゴだけでは面白くないのでこのようなデザインにしました。
遊びすぎかも知れません。
こんな時期ですので大目に見て下さい。
見て楽しむ、作って楽しむ、どっちかというと後者ですが、こんなのも有り!
一段と偏屈ものになったかも知れません。

 

 

一位一刀彫, 木彫, 静物 ,

根付、龍

2020年 8月 20日 木曜日

2020,根付(龍)副題:根付(龍)
材:一位

暑い日が続きます。
気持ち的にも体力的にもキツイ日が続きます。
こういう時には体力を温存するためにも小さな根付を彫ることにしました。
今までにも、いくつか彫りましたが龍の根付です。
その時、その時にデザインが変わってきます。
ただ、私が携わる一位一刀彫は世の中が落ち着いて、余裕がないと受け入れてもらえないかも知れません。
早く落ち着いた日々が戻ることを願うだけです。
今のうちに気力、体力を蓄えなくては・・・

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,