アーカイブ

カテゴリ ‘動物’

蛙、ヤジロベー

2020年 9月 10日 木曜日

2020,ヤジロベー副題:ヤジロベー(蛙)
材:一位

だいぶ前から日本調の床の間置きのようなものだけでなく、洋風のちょっと簡単におけるようなものができないかと考えています。
このようなヤジロベーはどうでしょうか?
玄関先に置いて、帰る、蛙、という感じはどうでしょうか?
いろいろと考えてはいるのですが・・・
このような作品も今、どういうところで発表、展示すれば良いか?考えてしまいます。
私には自分の店がありますが、それでも今の状況ではどこかで発表するために出ていかなくてはならないかも知れません。
良い場所があったら教えていただけたら幸いです。
九月に入りました。飛騨でも稲刈りが始まります。
なんと、2020年の秋になってしまいます。有意義な秋にしなくては・・・

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫, 未分類 ,

牛、香合

2020年 9月 3日 木曜日

2020,香合、12020,香合、牛2副題:香合(牛)
材:一位

これは今までにもいくつかお買い上げいただいている東京都のH様にご依頼を受け、彫った牛の香合です。
この牛のデザインは東北にある啄木由来の神社の牛です。
写真を持ってこられて依頼を受けました。
いろんなデザインがあるものだと改めて感じました。
実際の石の牛の重さのある、おっとりとした感じは出ませんが面白いデザインだと思いました。
9月に入っても静かな高山が続いています。
静かな高山は好きですが、人も好きなのでもう少し人がいて欲しいです。
わがままです。
2020,百日紅左の画像はお隣の国分寺様の百日紅です。
例年だとお盆の頃に満開になるのですが・・・
今年は半月遅れです。
ここにも常識、普通という形が変わってきているのかも知れません。
ですが、昨日、美濃加茂市からO様がわざわざ来店いただきました。
とても暑い日でしたが本当にありがたいことです。
顔を直接見て話しができる事、やっぱり良いです。感謝!

 

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,

根付、龍

2020年 8月 20日 木曜日

2020,根付(龍)副題:根付(龍)
材:一位

暑い日が続きます。
気持ち的にも体力的にもキツイ日が続きます。
こういう時には体力を温存するためにも小さな根付を彫ることにしました。
今までにも、いくつか彫りましたが龍の根付です。
その時、その時にデザインが変わってきます。
ただ、私が携わる一位一刀彫は世の中が落ち着いて、余裕がないと受け入れてもらえないかも知れません。
早く落ち着いた日々が戻ることを願うだけです。
今のうちに気力、体力を蓄えなくては・・・

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,

干支、牛、丑、童子

2020年 8月 6日 木曜日

2020,牛(童)副題:牛(笛吹き童子)
材:一位

八月に入り、良い天気が続いています。暑いです。
しかしながら、高山の街は相変わらず静かです。
何か面白い題材がないか?いろいろと考えていますが、ちょっと一休みで来年の干支の丑(牛)の変化球を彫ってみました。
一般的な牛はもう少し後にご紹介しますが、こんなのはどうでしょうか?
私にとって牛はどちらかというと、闘牛ではなく、おとなしく静かなイメージです。
少し大きめの牛では本体だけでは寂しく感じます。それで笛吹き童子をプラスしました。
干支に関しては時々、アップしますのでお見逃しなく、よろしくお願いいたします。
どの方向へ、どんな方針で先へ進んで良いのか?迷っている自分がいます。

 

 

一位一刀彫, 人物, 動物, 木彫 ,

印材、竹、筍、蛙

2020年 7月 30日 木曜日

2020,小物(竹、筍、蛙)副題:印材(竹、筍、蛙)
材:一位

いつもの神奈川県のY様用の小物シリーズです。
以前、納めた時にもう少し大きなものを所望されましたので、今までに彫った、竹、筍、蛙を組み合わせて製作しました。
今、新しいものにいろいろ挑戦していますがデザインに苦労しています。
こんな時に才能のあまりの少なさに情けなくなります。
それでもかき集めてあがいています。
外に出ずに家にずっと居ると新しいものに出会う機会があまりにも無いです。
こんなところにも環境の大事さを感じています。
出会いは画像だけでは繋がりません。
長雨もやっと先が見えてきそうです。あとはコロナです。

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫, 静物 , , ,