アーカイブ

タグ ‘おこぜ’

おこぜ

2017年 7月 6日 木曜日

オコゼ22,16㎝

 

 

 

 

 

 

 

 

副題:山の神・オコゼ
大きさ:22㎝、16㎝
材:一位

山開きの時期になると、毎年、おこぜを彫るようになってきました。
前にも書きましたが「オコゼ」は「山の神」と言われています。
これは根付やキーホルダーとは違い携帯するのではないので、背びれを長くして見栄えがするようにしてみました。
今年も天候不順ですが、何も事故がおきないように「山の神」に祈るだけです。
地震や台風、自然は圧倒的な力です。逆らってはいけません。
わかってはいるのですが、時々、ちょっとだけ無理をしたくなるんですよね。
人の欲ほどーコワイーものはありません。

一位一刀彫, 動物, 木彫

おこぜ

2016年 5月 26日 木曜日

オコゼ①15㎝、9㎝オコゼ②  副題:オコゼ(各種)
大きさ:9㎝と15㎝ 材:一位

これは東京都のH様に以前に彫ったオコゼの根付ができないかといわれ、作ったオコゼです。
大分前に彫ったので、まずは置物として15㎝の置物を作ってみました。それから、大きめの根付を2つ彫ってみました。
以前にも書きましたが「オコゼ」は山の神様の贈り物として山登りする人にはお守りになると言われている題材です。
同じことを何度も書くのですが山の神様は女性と言われています。醜い、グロテスクってなんでしょう?
私は嫌いではないですけど・・・こういう魚は結構美味しいんです・・アレ?
今日の午後に飛騨一位一刀彫協同組合の第62回通常総会があります。
この準備が・・・大変なんです。メチャ、厳しいんです!!
理事長として堂々としていられるか・・・神様、お願い!!

一位一刀彫, 動物, 木彫

おこぜ

2016年 1月 7日 木曜日

おこぜ・小物15㎝ 副題:小物(おこぜ)
高さ:15㎝ 材:一位

今年の最初の作品は山の神、神野大地君ではなく、山の神「おこぜ」です。
以前にも載せたことがありますが、このグロテスクな格好の「おこぜ」は登山家の人たちがお守りとしている山の神様への贈り物として伝えられているものです。
山は女性の神様で自分よりきれいな、格好の良いものには嫉妬して天気を荒げるから、このような格好の「おこぜ」を奉納したと伝えられています。
何故、これを彫ったかというとずっと前から小物作品を注文いただいている神奈川県のY様が「あんこう」のような魚はできないかと言われていて「あんこう」よりは「おこぜ」の方が面白いかな?と思ったのと東京都のH様が「おこぜ」の少し大きめの根付ができないかと依頼されたからです。
H様の根付はもう少し時間をかけてデザインを考えなくてはいけないので(背びれが折れてしまうので)もう少しお待ちください。お願いします。
今朝はようやく雪が舞っていますが、私が 62年生きてきて、今年の冬が一番雪が少なく暖かいです。
生活には楽ですが、いろいろと影響が出てきそうです。
普通と違うとなにかしら不安になりますネ・・・普通と違うものを彫りたがる私なのに・・・

一位一刀彫, 動物, 木彫