アーカイブ

タグ ‘ねずみ’

俵ねずみ

2020年 7月 9日 木曜日

2020,俵に福ねずみ副題:米俵に福ねずみ
材:一位

これは農業関係の人に贈る記念品として今年の干支(子)の彫刻を友人に頼まれて彫ったねずみです。
農業というとお米、米俵という直球の考えで彫りました。
もっと、福を!という意識で大黒袋を担がせました。
コロナ、大雨という想像を超える事態が続いています。
今回の大雨被害は私の住んでいる高山市内ではほとんどなかったのですが、飛騨は(特に下呂や奥飛騨などの温泉地)道路や鉄道、土砂崩れなど大変な災害がおきています。
ご心配を頂いたお客様、友人に感謝です。
今、起きている自然界で私たちにも変化が必要とされているのかも知れません。
ものづくりに携わる者として残すべきところは残しながら、変化に対応する事が求められているのかも知れません。
図書館に行って、昔のものを今一度見てきます。
災害が拡がらないことを祈るだけです。

 

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,

干支、子、ねずみ

2019年 12月 26日 木曜日

2019.子4匹副題:干支、子(家族)
材:一位

今年最後の投稿です。
せっかくですので最後の投稿も来年の干支(子)にしたいと思います。
これは前から干支をお買い上げいただいている愛知県のK様用に作った干支です。
お若いご夫婦で小さいお子さんがお二人いらっしゃるご家族です。
他にも頼まれているものがあるのですが、なかなかできずにいます。
そんなこともあり、来年の干支は小さいほうがかわいいネズミですので4匹で家族を表現してみました。
気に入っていただけたらうれしいのですが・・・
来年もオンリーワンの彫刻を作っていきたいと思っています。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年もお付き合いいただきましてありがとうございました。

一位一刀彫, 動物, 木彫 , ,

干支、子、ねずみ、国分寺大銀杏

2019年 12月 12日 木曜日

副題:干支(子)いろいろ 材:一位
2019,子12019,子32019,袋ねずみ大

 

 

 

 
来年の干支(子)のお問い合わせが度々、ありますので今までに載せたねずみをまとめて掲載します。
それぞれの日にちの画像を見ていただけるとうれしいです。
左から10/31,11/7,11/28のブログに掲載しています。
この他にも、まだありますのでご面倒でもお問い合わせ下さい。0577-32-1367
ネズミを彫るのもあと、2週間ほどになると思います。お待ちしております。
2019,1210国分寺大銀杏左の画像は一昨日の国分寺大銀杏です。
すっかり、落葉しました。
国分寺の大銀杏が落葉すると雪が降り、冬がやって来ると言われています。
ですが、一昨日はとても良い天気で北アルプスの白い山々が間近に見ることができました。
綺麗でした。高山の景色は最高です。

 

一位一刀彫, 動物, 木彫 , ,

干支、子、ねずみ、国分寺大銀杏

2019年 11月 28日 木曜日

2019,袋ねずみ大副題:袋ねずみ大
材:一位

来年の干支(子)の作成の真っ最中です。
TVのちょっとしたスポット撮影が2件ありました。(メーテレと中京さんで別々)
小さな作品はあるのですが、大きめの作品がないのでこれを彫ってみました。
ネズミはあまり大きくすると逆に嫌われることが多いです。
そこでこのようなデザインで彫ってみました。
ネズミは七福神のお使いの役も担っているような感じで絵にも色々出てきますが、私も福を運んでくる動物として捉えようと思います。
こんなデザインはどうでしょうかねえ?
ただ、この作品はもう行き先が決まりました。O様、ありがとうございます。

2019,11,28国分寺大銀杏左の画像は今朝の国分寺大銀杏です。
大分、葉が落ち始めました。
淋しいですが、これが自然の成り立ちなんでしょう。
もうすぐ、師走になるんですから・・・寒いです。

動物, 未分類, 静物 , ,

干支、子、ねずみ、国分寺大銀杏

2019年 11月 21日 木曜日

干支(子)小副題:干支(子)小
材:一位

様々な作品を作らせていただいていますが、好きな、楽しい仕事だけをしているわけではありません。
これは来年の干支(子)の一番小さなねずみの置物です。
50年ほど前からお付き合いいただいている所へ送る作品の一部です。
昔の半分以下になりましたが、それでも納期に間に合わせるのには苦労します。
特に齢をとってからは作り終わるころには親指、肘などガタガタになります。
しかしながら、これを彫り終えないと正月が迎えられないように感じています。
いつまで、できるやら・・・
2019.11.21国分寺大銀杏今朝の国分寺大銀杏です。
昨年の台風で枝が被害を受け、2か月ほど前にようやく折れた枝を撤去することができました。
そのためか、少し枝にげんきがありません。
色もツートンカラーで不思議な感じがします。
少しづつ。葉が落ち始めていますが、本格的な落葉はまだまだ先になりそうです。

一位一刀彫, 動物, 木彫 ,