アーカイブ

タグ ‘ほおずき’

ほおずき、アマビエ

2020年 7月 2日 木曜日

2020,ほおずきA副題:ほおずき(透かし彫り)
材:一位

早や、7月に入りました。
今年の前半は家に閉じこもって過ぎた感があります。
これから夏に向かいますがどうなるでしょう・・・?
それはともかく、夏といえば「ほおずき」が浮かびます。
そこで筋が残って、中の実が見える透かし彫りをしてみました。
先が見とおせる夏になれば良いのですが・・・
ほおずきには毒があるものもあるそうですが、本当にアマビエには疫病退散の効果があるのか?
今は信じることにしてレジの奥にも大きめのアマビエを飾りました。
2020,アマビエ2コロナ、退散してくれ~~!

 

 

一位一刀彫, 木彫, 未分類, 静物 ,

印材、ほおずき、ざくろ、干物

2019年 10月 17日 木曜日

2019,小物副題:印材(ざくろ、干物、ほおずき)
材:カヤ

これは今までに何回もご注文を受け作成した印材です。
今回はこの4ケです。
小さな2ケがほおずきです。
開いたのと閉じている形です。
あとはザクロと干物3ケです。
気に入っていただけたらうれしいのですが・・・
だんだん題材探しが難しくなってきました。

それにしても近年の天候は異常ですね。
異常というより怒っているようにさえも思います。
自分にできる事は何か?
改めて考えていますが真摯に仕事に向かう事しかできないのかも・・・

 

 

一位一刀彫, 木彫, 未分類, 静物 , , ,

蛙(ほおずき・ナス)

2014年 9月 25日 木曜日

蛙(ほおずき・なす)10㎝ 副題:蛙(ほおずき・なす)
   大きさ:10㎝  材:一位

 あっという間に九月も後半に入りました。朝晩も涼しいを通り越して寒くなってきました。ホントに一日一日が早く過ぎて行きます。
 まだ、落ち着いて仕事をしていませんので店内商品を載せます。
 これは今までにも何度か作り、このブログに載せていますが、少し小さめの商品を作りましたのでご覧いただきます。蛙は白太で一木造りです。
 先週の金曜日に城山で一位一刀彫組合の彫祖供養がありました。毎年、行っている行事ですが今年は一位一刀彫記念展示会のため、遅くなりました。それで慰労会も兼ねて城山公園において弁当でささやかな飲み会を開きました。このような時には私はいつも調子に乗りすぎ飲み過ぎてしまいます。その結果として写真を撮り忘れてしまいました。あきません・・・反省です。ですが、今年はお参りする人間より物故者の方が多くなってしまいました。淋しい限りです。
 この場で展示会にいただいたお酒も披露して飲ませていただきました。金沢のO女史、遠いところから来ていただき、その上お祝いまでいただきましてありがとうございました。・・・本当は礼状を書かなくてはいけないのですが、このブログを見ていただいていると信じて・・・この場を借りて御礼申し上げます。こんないい加減な人間ですみません。お許しを・・・て、わかっていらっしゃるはずです。賢い方ですから・・・ヘヘ
 こんな事を書いていたら、一位一刀彫組合員のNさんが亡くなられたとの電話がありました。いやはやなんとも・・・合掌・・・

一位一刀彫, 動物, 木彫, 静物 , ,

栗、ほおずき、くるみ、小ナス

2013年 10月 24日 木曜日

秋の小物 副題:秋の気配 
  大きさ:4㎝~8㎝  材:一位

 9月12日のブログに載せた、この銘々皿に乗ったイガ付きの栗を地元の老舗和菓子店の分〇堂さんにお買い上げいただきました。名物の栗よせに少しでも貢献できればうれしいのですが・・・地元の老舗のお店に飾っていただけるのは本当にありがたいことです。きっとイガ付きの栗はもう作らないと思うので最初で最後の作品が地元に残るのは格別です。ただ、イガ付きの栗だけでは淋しいので栗だけ2ヶを付けて飾ってもらうようにしました。
 分〇堂さん、ありがとうございました。
 そんなこともあり、ウインドーに秋の雰囲気を出そうと上の画像のようにほおずき、栗、くるみ、小ナスを作って出してみました。どうでしょうかネエ~?忙しいのに遊んでいます。なんとも、どうにもなりませんネ。 
 

一位一刀彫, 木彫, 静物 ,

ほおずき

2010年 6月 24日 木曜日

小物(ほおずき) 副題:小物(ほおずき)
   高さ:約15㎝   材:一位

 今までに何回も掲載している神奈川県のY様の新しい注文の作品です。
 これまでは、動物が主でしたが今回は静物を3点作る予定です。
 葉っぱを付けて欲しいとのご要望でしたのでこのようなデザインにしました。
 この程度の大きさですと、いろんなことを試すことができておもしろいのですが思った以上に時間がかかり、仕事としては厳しいものがあります。
 こんなことを言っていながら、作れば作るほど複雑な形になります。
 前のより少しは良いものをお渡ししたいというのが職人ではないかと・・少し恰好良すぎたかも・・だから、苦労するのでしょう(自業自得ですね)

一位一刀彫, 静物