アーカイブ

タグ ‘真向兎’

真向兎、高山桜散歩

2019年 4月 25日 木曜日

真向兎H.312ケ

副題:真向兎(ブローチ)
材:一位

 

 

 

 

 

 

これは以前にも載せたことのある「高山陣屋」の釘隠しの真向兎のブローチです。
「左」は白太の入った通常のブローチです。
「右」はもう少し丸くて白太の入っていない、とぼけた顔の真向兎というご依頼で作成したものです。
簡単そうで意外と難しい題材、ご依頼です。気に入っていただけたらうれしいのですが・・・

桜H.31①桜H.31④

先日の日曜日の朝に散歩がてら市内の桜巡りをしてみました。
「左上」赤い中橋のふもとの基準木の桜です。
「右上」国分寺の旧国道側から見た桜と三重塔です。
「左下」「右下」は護国神社の桜と堀です。
桜H.31③桜H.31②桜が散ると花筏が素敵な堀です。
ただ、今はどこも葉桜になりかけています。残念!

私はというと昨日、一刀彫組合の材料分けがあり、身体がガタガタです。
葉桜どころではありません。花筏も見ていません。トホホ・・

 

一位一刀彫, 動物, 木彫

真向兎

2018年 2月 22日 木曜日

真向兎3羽

 

 

 

 

 

 

 

 

副題:真向兎三羽ブローチ
材:一位

以前にも高山陣屋の釘隠しのブローチを載せましたが、今回は特別に三羽の真向兎のブローチを作りました。
少しくどいかもしれません?が実物はそうでもない?と思うのですが・・・
いくつか彫っているともう少し良いのを、あるいはもうちょっと変わった形をというようにきりがなくなります。
大きい、小さいにかかわらず、人間の欲は深いです。
これが過ぎると本来の持ち味が消えてしまいます。どこでおさめるか?難しいですね・・
朝晩はまだまだ寒いですが大分、春らしい光が出てきました。
本当の春が待ち遠しいです。

一位一刀彫, 動物, 木彫

真向兎、ブローチ、帯留め

2017年 10月 5日 木曜日

真向兎ブローチ・帯留

 

 

 

 

 

 

 

 

副題:真向兎(ブローチ、帯留め)
大きさ:7㎝
材:一位

これは以前に市役所バッチの時に一部載せましたが、高山陣屋の釘隠しの真向兎をモチーフとしたブローチ、帯留めです。
高山陣屋管理事務所の方に頼まれて作りました。これは7㎝と少し大きめですが5㎝程から彫っています。
この頃、高山陣屋がきれいになったからか、高山陣屋の説明員の方が真向兎のバッチを付けていて下さるせいか、はわかりませんが真向兎の問い合わせがあります。ありがたいことです。・・・だけど高山陣屋は良いですよ!・・・
それにしても、本当に昔の職人は粋なことをするものです。
何気ない所に技を見せる・・こうありたいものです。
このようにいつまで経っても残る仕事をしなければ・・・と思う次第です。
大きな仕事、高価な仕事ではなく、静かに残る仕事・・良いですね。
先人に感服です。

一位一刀彫, 動物, 木彫

真向兎(まっこううさぎ)

2011年 4月 14日 木曜日

H.23春の高山祭AM11時頃ネームプレート(真向兎) 副題:ネームプレート(真向兎)
   横:7㎝   材:一位

 これは高山市から組合に職員のネームプレートにつけて宣伝になるようなものはできないかという依頼がありました。
 組合員の一人として2,3点考えたうちの一つです。
 この真向兎というのは、高山陣屋にある釘隠しの文様です。
 なかなか先人達の感性はすごいものがあります。どうでしょうか?
 その高山陣屋から中橋方面を今日のAM11時頃に撮った画像です。
 今日は、春の高山祭(14日、15日)なのです。こんなに良い天気の春の高山祭は初めてです。例年と比べ観光客の方も少なく屋台に興味のある方はチャンスです。個人的に屋台彫刻の中でおすすめは、麒麟台、恵比須台、青龍台です。明日も良い天気になりそうです。是非、見て欲しいです。先人達は本当に良い仕事をしています。

一位一刀彫, 動物